14 فبراير 1943

14 فبراير 1943


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

14 فبراير 1943

حرب في الجو

مهمة القاذفة الثقيلة الثامنة للقوات الجوية رقم 34: إرسال 74 طائرة لمهاجمة ساحات الحشد في هام. لا توجد طائرات تصل إلى الهدف.

شمال أفريقيا

بدأ الهجوم الألماني المضاد في تونس

بورما

Chindits يعبر Chindwin

الجبهة الشرقية

القوات السوفيتية تحتل روستوف



6 أفكار حول ldquoU.S. القوات تواجه الألمان عند ممر القصرين

تقرير جيد ، على الرغم من أنه ربما لا ينتقد الأداء الأمريكي بأدب شديد. أيام قليلة سيئة لليانك: استخبارات خاطئة أربكت القيادة الرديئة الدروع والمدفعية وسوء انضباط القوات وقادة الشركات. نعمة الإنقاذ: كان الجنرالات الأمريكيون والجنرالات الأمريكيون يتعلمون بسرعة نسبيًا. إنه & # 8217s قوس درامي من كارثة القصرين إلى باتون & # 8217s اندفاعة عبر صقلية.

صورة جيدة لنمر نموذجي للمشاركين في هذا الحدث. لكن مسدسها 88 ملم لم يكن & # 8217t في الحقيقة هو نفسه مسدس Flak الشهير 88 ملم.

شكرًا ، أعتقد أنك & # 8217re على حق على الرغم من أنني أعتقد أن ذلك جاء من التسمية التوضيحية الألمانية الأصلية.

أعتقد أنهم نقلوا الرسالة ، اعتبارًا من فبراير 2014 ، كان هذا الرابط يعمل بشكل أفضل بالنسبة لي: http://www.dtic.mil/get-tr-doc/pdf؟AD=ADA424990

أحب هذا الموقع وحاول قراءته كل يوم. دائما رائعة وجيدة الصنع. ملاحظة صغيرة واحدة ، تعليق الصورة أعلاه يقول & # 8220 كان Panzer IV الدعامة الأساسية & # 8230 & # 8221 قد يكون ذلك جيدًا ، لكن الدبابات الموجودة في الصورة هي MK IIIs.


18 يونيو 2021 هو يوم الجمعة. إنه اليوم 169 من العام ، وفي الأسبوع الرابع والعشرين من العام (بافتراض أن كل أسبوع يبدأ يوم الاثنين) ، أو الربع الثاني من العام. هناك 30 يومًا في هذا الشهر. 2021 ليست سنة كبيسة ، لذلك هناك 365 يومًا في هذا العام. النموذج المختصر لهذا التاريخ المستخدم في الولايات المتحدة هو 18/6/2021 ، وفي كل مكان آخر تقريبًا في العالم هو 18/6/2021.

يوفر هذا الموقع آلة حاسبة للتاريخ عبر الإنترنت لمساعدتك في العثور على الفرق في عدد الأيام بين أي تاريخين تقويميين. ما عليك سوى إدخال تاريخ البدء والانتهاء لحساب مدة أي حدث. يمكنك أيضًا استخدام هذه الأداة لتحديد عدد الأيام التي انقضت منذ عيد ميلادك ، أو قياس الوقت حتى تاريخ ولادة طفلك. تستخدم الحسابات التقويم الغريغوري ، الذي تم إنشاؤه عام 1582 واعتماده لاحقًا في عام 1752 من قبل بريطانيا والجزء الشرقي مما يُعرف الآن بالولايات المتحدة. للحصول على أفضل النتائج ، استخدم التواريخ بعد 1752 أو تحقق من أي بيانات إذا كنت تجري بحثًا في علم الأنساب. التقويمات التاريخية لها العديد من الاختلافات ، بما في ذلك التقويم الروماني القديم والتقويم اليولياني. تستخدم السنوات الكبيسة لمطابقة السنة التقويمية مع السنة الفلكية. إذا كنت تحاول معرفة التاريخ الذي سيحدث في غضون X يومًا من اليوم ، فانتقل إلى أيام من الآن حاسبة في حين أن.


第二 次 世界 大 戦

    の 解散 の 設立 と ア メ リ カ の 対 立 の 始 ま り
    イ ギ リ ス 帝国 フ ラ ン ス 共和国 ソ ビ エ ト 連邦 中華民国 (国民 政府) ポ ー ラ ン ド オ ラ ン ダ 海上 帝国
    ル ギ ー ル ク セ ン ブ ル ク
  • ノ ル ウ ェ ー ギ リ シ ャ 王国 ユ ー ゴ ス ラ ビ ア 王国 ギ リ シ ャ オ ー ス ト ラ リ ア
  • ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド ア メ リ カ 合衆国 カ ナ ダ ブ ラ ジ ル メ キ シ コ
    ド イ ツ 国 イ タ リ ア 王国 大 日本 帝国 ル ー マ ニ ア 王国 ハ ン ガ リ ー 王国
  • フ ィ ン ラ ン ド ブ ル ガ リ ア 王国 タ イ ビ ル マ 国 イ ラ ク 満 州 国 フ ラ ン ス 国

参 戦 し た 国 編 集

戦 域 編 集

太平洋 戦 線 は 連 合 国 に よ り 太平洋 戦 争 と 呼 称 さ れ (日本 側 の 呼 称 は 「大 東 亜 戦 争」)، 日本 と イ ギ リ ス، オ ー ス ト ラ リ ア، ア メ リ カ، ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド な ど が 太平洋 の 島 々 と ア ラ ス カ や ハ ワ イ を 含 む ア メ リ カ や そ の 領土 の フ ィ リ ピ ン، カ ナ ダ، オ ー ス ト ラ リ ア な ど で 戦 っ た 太平洋 戦 域 (英語 版)، オ ラ ン ダ の 植 民 地 で あ っ た イ ン ド ネ シ ア や イ ギ リ ス 領 の マ レ ー 半島، フ ラ ン ス 領 イ ン ド シ ナ な ど で 日本 と オ ラ ン ダ، イ ギ リ ス، ア メ リ カ، フ ラ ン ス な ど が 戦 っ た 南西 太平洋戦 域 (英語 版)، イ ギ リ ス 領 ビ ル マ や イ ギ リ ス 領 イ ン ド، イ ギ リ ス 領 セ イ ロ ン や フ ラ ン ス 領 東 ア フ リ カ で 日本 が イ ギ リ ス や オ ー ス ト ラ リ ア، ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド な ど と 戦 っ た 東南 ア ジ ア 戦 域 (英語 版)، そ し て 中国 大陸 や 満 州 国 な ど で 日本や 満 州 国 が 中華民国 と ア メ リ カ 、 イ ギ リ ス な ど と 戦 っ 日中 戦 争 に 分 け ら れ る。

比較 編 集

لا شيءポ ー ラ ン ド 東部 で は ポ ー ラ ン ド 人 も 追 放 さ れ، 大幅 な 住民 の 強制 移 住 が 行 わ れ た. ま た ア ジ ア، 太平洋، オ セ ア ニ ア، ア メ リ カ な ど で は 日本人 が 強制 送還 さ れ، 捕 虜 と な っ た 枢軸 国 の 将兵 や 市民 は 戦 後 も数年間 シ ベ リ ア な ど で 強制 労 働 さ せ ら れ た。

戦 後 編 集

ヴ ェ ル サ イ ユ 体制 と ド イ ツ の 賠償 金 編 集

1919 6 月 28 日 、 第 一次 世界 大 戦 の ド イ に す る 講和 条約 で る ヴ ェ ル サ イ が 締結 さ れ 、 条約 が 発 効。ヴ ェ ル サ イ ユ 体制لا شيء

1921 年 、 賠償 の 総 額 が マ ル ク に 定 め ら た が 国 の 門う ち 第 3 の 部分 は 空中 の 楼閣 」と す る つ も り の の で 目的 世 論 て「 的 支 わ わ る 」マ ル ク (125 米 ド ル) が 「連 合 考 え イ ツ に え で あ り 、 支 払 わ れ る べ 要 出典 ] 。

1922 年 11 月 、 ヴ ェ イ ユ 条約 破 棄 げ る ノ 政 足 [5] 1923 年 1 月 11 ラ炭 鉱 を 占 拠 す る と と も に ド イ ツ 帝国 銀行 が 所有 す る 金 を 没収 し، 占領 地 に は 罰金 を 科 し た [6]. こ れ に よ り ハ イ パ ー イ ン フ レ が 発 生 し، 軍事 力 の 無 い ド イ ツ 政府 は こ れ に ゼ ネ ス ト で 対 抗 し た が、 ク ー ノ 政 権 は 退 陣 に 追 い 込 ま れ た [5]。 そ の 結果 ル ク 紙幣 の 価 戦 前 の 下落 し 、

国際 連 盟 設立 編 集

ン ロ ー 主義 の 動 揺 編 集

共産 主義 の 台 頭 編 集

لا شيءた め 秘密 警察 (チ ェ ー カ ー) を 設置 し، 国民 を 厳 し く 監視 し 弾 圧 し た. 新 た に ソ 連 に 併合 さ れ た ウ ク ラ イ ナ で は 1932 年 か ら 強制 移 住 と 餓死، 処刑 な ど で 約 1450 万人 が 命 を 落 と し (ホ ロ ド モ ー ル) [ 8]، さ ら に 1937 年 か ら 1938 年 に か け て の ヴ ィ ー ン ヌ ィ ツ ャ 大 虐殺 で は 9000 人 以上 が 殺害 さ れ た. 秘密 警察 は 1934 年، 内務 人民 委員 部 (NKVD) と 改称 さ れ، ソ 連 国内 と そ の 衛星 国 で 大 粛 清 を行 い 数百 万人 を 処刑 し た。

ェ ル サ イ ユ 体制 下 の 安定 編 集

世界 恐慌 編 集

ァ シ ズ ム の 選 択 編 集

和 政策 と そ の 破綻 編 集

勃 発 直 前 編 集

1939 年 編 集

1940 年 編 集

لا شيء・ ソ ウ ザ ・ メ ン デ ス [15] が お り 、 と も に 戦 後 の イ ラ エ ル の 国民 国民 正義 の 人 に 認定 れ て い る。

1941 年 編 集

イ ギ リ ス は イ ベ リ ア 半島 先端 の 植 民 地 [注 釈 3] ジ ブ ラ ル タ ル と، 北 ア フ リ カ の エ ジ プ ト · ア レ ク サ ン ド リ ア を 地中海 の 東西 両 拠 点 と し، ク レ タ 島 や キ プ ロ ス な ど 東 地中海 [注 釈 4] を 確保 し 反 撃 を 企 画 し て い た. 2 月 ま で に 北 ア フ リ カ ・ リ ビ ア の 東 半 分 キ ナ ナ イ 地方 を 占領 、 、 ギ リ シ ャ に も 進駐 し た。

6 月 22 日، ド イ ツ は 不可 侵 条約 を 破 棄 し، 北 は フ ィ ン ラ ン ド، 南 は 黒 海 に 至 る 線 か ら، イ タ リ ア، ハ ン ガ リ ー، ル ー マ ニ ア 等، 他 の 枢軸 国 と 共 に 約 300 万 の 大軍 で 対 ソ 侵攻 作 戦 (バ ル バ ロ ッ サ 作 戦لا شيء لا شيء .

1942 年 編 集

1943 年 編 集

. 26 日 カ イ ロ 会談 、 11 月 28 - 12 1 日 テ ラ ン 会談 ど 相 で 会議 を 行 っ の ​​戦 争 の 方針 国 へ の 降伏 要求し か し 、 連 合 国 同 士 の 思惑 の 違 い も 次第 に 表面化 す る こ と に な っ た。

1944 年 編 集

一方، 本 格 的 な 反攻 の チ ャ ン ス を 窺 っ て い た 連 合 軍 は 6 月 6 日، ア メ リ カ 陸軍 の ド ワ イ ト · ア イ ゼ ン ハ ワ ー 将軍 指揮 の 下، 北 フ ラ ン ス · ノ ル マ ン デ ィ ー 地方 に ア メ リ カ 軍، イ ギ リ ス 軍، カ ナ ダ 軍، そ し て 自由 フ ラ ン ス 軍な ど 、 約 17 5000 の 将兵 6000 艦艇 、 延 べ 12000 機 航空 機 し た 反攻 を た オ バ ド ノلا شيءこ の 上 陸 の 2 日前 6 月 4 日 に は イ タ リ ア 首都 ロ ー マ は 連 合 軍 に 占領 さ れ た。

1945 年 編 集

5 月 2 日 、 首都 ベ ル リ ン 市 は ソ 連 軍 に 占領 さ れ。 そ ベ ル ン 市民 の 多 が ソ に 強姦 と犠 牲 者 総 数 は 数万 か さ れ て い る [21]。 あ る の 推定 で 、 で プ た 女性 、だ っ た [22]. ま た 東 プ ロ イ セ ン، ポ ン メ ル ン، シ ュ レ ー ジ エ ン で の 被害 者 140 万人 の 死亡率 は، さ ら に 高 か っ た と 推定 さ れ る. 全体 で 少 な く と も 200 万 の ド イ ツ 人 女性 が レ イ プ さ れ، 繰 り 返 し 被害 を 受 け た人 も か な り の 数 に 上 る と 推定 さ れ る (同上 よ り)。

政府 と 軍 の 無条件 降伏 編 集

.午後 11 時 に は ベ ル リ ン 市内 の カ ー ル ス ホ ル ス ト (Karlshorst) の 工兵 学校 で، 降伏 文書 の 批准 式 が 行 わ れ، ド イ ツ 国防軍 代表 ヴ ィ ル ヘ ル ム · カ イ テ ル 元帥 と 連 合 軍 代表 ゲ オ ル ギ ー · ジ ュ ー コ フ 元帥، ア ー サ ー · テ ッ ダ ー 元帥 が 降伏 文書 の批准 措置 を 行 っ た。

停 戦 後 編 集

ポ ツ ダ ム 会談 編 集

満 州 事 変 と 日中 戦 争 、 日本 の 参 戦 ま で の 経 緯 (1931 年 - 1933 年 と 1937 年 - 1941 年) 編 集

州 事 変 と 満 洲 国 編 集

3 月 に 国際 連 盟 か ら 第 リ ト ン 伯爵 ク ク ・ ブ ー = ッ ト 団 長 す る ( لا شيء لا شيء

国際 連 盟 脱 退 編 集

لا شيء機関 (منظمة العمل الدولية) に は 1940 年 ま で 加盟 し て い た (ヴ ェ ル サ ユ 条約 連 と 並列 機関 っ。 そ の 他 、 ヘ ア ヘ ア ヘ ア ヘ ア ヘ ア ヘな ど 、 一定 の 協力 関係 を 維持 し て い た。

・ 一 五 事件 と 二 ・ 二六 事件 編 集

西安 事件 と 国共 合作 編 集

日中 戦 争 編 集

1937 年 2 月 に 開 催 さ れ た 中国 国民党 の 三中全会 に づ き 、 中華民国 政府 は 国内 の 的 に 進 め て た [31]。 地方 軍閥 に 対 し の錫山 に は 民衆 を 扇動 し て 反 閻錫山 運動 を 起 し [32] 、 金融 問題 に よ っ 蔣介石 側 だ た 中央 屈服 [33] 、 四川 大 飢饉 に 援助首席 劉湘 は 中央 へ の 服 従 を 宣言 し [34] 、 宋哲元 の 冀察 政府 に は 第二 十九 の 軍 化 要求 や 金融 で 圧 力 を か け て い た [35]。

一方 、 南京 政府 は 1936 春 頃 か ら 各 重要 対 日 の 軍事 施 設 し 始 め [36] 上海 停 戦 協定 で れ た 区域 内 に も人数 を 超 え 、 実 が 軍隊 と 何 ら 変 る も の な い 抗議 が [37]施 設 を 準備 さ せ 、 日本 の 施 設 が 多 い 山東 地域 に 5 個 師 を 集中 て い [39]。 こ の ほ か に も 梅 何 応 に後 、 国民 政府 は 多数 の 中堅 将 校 を 国民 革命 軍 第二 十九 軍 に り 込 ま 抗日 の 気 運 を さ せ る こ と も っ た [40]。

لا شيءて い た [45]。 副 参謀長 張克侠 [46] を は じ め 参謀 処 の 肖明 処長 処長 、 軍訓 団 大 隊長 、 朱大鵬 、 尹心田 、 周茂蘭 過 家 芳 ら の 中国 共産党لا شيء教育 を 行 っ て い た [45]。

独 伊 の 急 接近 編 集

モ ン ハ ン 事件 編 集

第二 次 世界 大 戦 開 戦 と 第 2 次 近衛 内閣 編 集

さ ら に 9 月 1 日 ド イ ツ が ポ ー ド に を 開始 し れ に 対 し て第二 次 世界 大 戦 が 勃 発し た。 ま た 、 ノ モ ン ハ ン 事件 が 9 月 15 に 終結 の 心 も っ た 連 不可に 破 棄 し 、 ポ ー ラ ン ド へ 東 か ら 侵攻 し た。

南京 国民 政府 / 汪兆銘 政 権 成立 編 集

1938 年 3 月 か ら 4 月 に か け て 湖北省 漢口 で か れ た 全国 全国 は め が れ 裁た [51] [53] す で 党 の 大勢 は 連 共 に い り し 副 か に はは 南京 に 梁鴻志 を 行政 委員長 と す る 親 日 政 権 中華民国 維新 政府 成立 し て [51]。 こ う し 中 、 こ の 頃 日中 両 国 の 和平 派 が54]. 54]。

1939 年 3 月 21 日 、 ハ ノ イ の 汪 家 入 、 汪 の 曽 仲 鳴 射殺 射殺 う 事件 が 起 た [56]。 蔣介石 がلا شيء 57] 4 月 25 日 、 接触 し た 汪兆銘 は ノ イ を し 、 ス 船 と 日本 り 継 で 5 6 に 上海 に 到 着 し [57]が 和平 運動 を 停止 し 、 ヨ ー ロ ッ パ な ど 亡命 し 事態 を 静 観 る と い う 選 を 放棄 さ せ る も っ っ [59]。

لا شيء لا شيءし た。

政府 発 足 後 に، イ タ リ ア 王国 や フ ラ ン ス の ヴ ィ シ ー 政 権، 満 州 国 な ど の 枢軸 国، バ チ カ ン な ど が 国家 承認 し た. し か し 蔣介石 政 権 と の し が ら み が あ っ た ド イ ツ が 最終 的 に 承認 し た の は 1941 年 7 月 に な って か ら だ っ た [61]。 さ ら に 日本 と で 泰 攻守同盟 条約 を で い た タ の 政府 を し た [62] の は 、年 7 月 に な っ て か ら で あ っ た。

ト ポ ー ル 事件 と 命 の ビ ザ 編 集

軍 の 北部 仏 印 進出 編 集

こ れ を う け て 6 月 19 日، 日本 側 は フ ラ ン ス 領 イ ン ド シ ナ 政府 に 対 し، 仏 印 ル ー ト の 閉鎖 に つ い て 24 時間 以内 に 回答 す る よ う 要求 し た [66]. 当時 の フ ラ ン ス 領 イ ン ド シ ナ 総 督 ジ ョ ル ジ ュ · カ ト ル ー (英語 版لا شيء 67]。

6 月 22 日 に 成立 し た ヴ ィ シ ー 政 権 は の 決断 を と カ ー撤回 さ れ ず، む し ろ ヴ ィ シ ー 政 権 は こ れ を 進 め، 日本 の 松岡 洋 右 外務 大臣 と ア ル セ ー ヌ = ア ン リ 大使 と の 間 で 日本 と フ ラ ン ス の 協力 に つ い て 協議 が 開始 さ れ た 8 月末 に は 交 渉 が 妥 結 し 松岡 · ア ン リلا شيء )。

لا شيء . フ ラ ン ス 側 の ド ク ー 総 督 は، イ ギ リ ス 海軍 に よ る 拿 捕 の お そ れ や، 仏 印 と マ ダ ガ ス カ ル 島 や 上海 と の 自 国 航路 の 維持 に 必要 な こ と، フ ラ ン ス 海軍 が 徴 用 中 で あ る こ と な ど を 理由 に 難色 を 示 し [ 70] 、 交 渉 は 1942 年 ま で 持 ち 越 す こ と に な っ た。

独 伊 三国 同盟 締結 編 集

仏 戦 争 勃 発 編 集

タ イ の プ レ ー ク · ピ ブ ー ン ソ ン ク ラ ー ム 政 権 は، フ ラ ン ス の ヴ ィ シ ー 政 権 に 対 し 1893 年 の 仏 泰 戦 争 (英語 版) で フ ラ ン ス の 軍事 的 圧 力 を 受 け て 割 譲 せ ざ る を 得 な か っ た 仏 印 領 内 の メ コ ン 川西 岸ま で の フ ラ ン ス 保護 領 ラ オ ス (フ ラ ン ス 語 版) の 領土 と 主 権 や フ ラ ン ス 保護 領 カ ン ボ ジ ア (英語 版) の バ ッ タ ン バ ン · シ エ ム リ ア プ 両 州 の 返還 を 求 め た が، フ ラ ン ス 政府 は こ の 要求 を 拒 否 し た.

ア メ リ カ の 対 日 禁 輸 と レ ン ド リ ー ス 編 集

ア メ リ カ の 日中 戦 争 へ の 軍事 介入 編 集

さ ら に ア メ リ カ は 1940 年 8 月 に 蔣介石 総 統 と 宋美 齢 夫人 か ら の 軍事 支援 の 要 請 を 受 け، ル ー ズ ベ ル ト 大 統領 の 指示 を 受 け 設立 さ れ た 「ワ シ ン ト ン 中国 援助 オ フ ィ ス」 の 支援 の 下، ア メ リ カ 合衆国 義勇軍 (المجموعة التطوعية الأمريكية ، AVG) を 設立 し 、 こ こ に 日中 戦 争 へ の ア メ リ カ に よ る 軍事 介入 を 開始 し た。

ソ 戦 と 松岡 外相 更迭 編 集

軍 の 南部 仏 印 進駐 編 集

英 米蘭 関係 の 悪 化 編 集

中 で も 日本 は 石油 の 約 8 割 を ア メ リ カ か ら 輸入 し て い た た め، 石油 輸出 の 全面 禁止 は 深刻 な 問題 で あ り، 早期 に 開 戦 し な い と こ の ま ま で は ジ リ 貧 に な る と 陸軍 を 中心 に 強硬 論 が 台 頭 し 始 め る こ と とな っ た。 こ れ ら の 対 日 経 済 制裁 の 影響 に つ い て 、 日本 メ リ カ (أمريكا) ・ イ ギ リ ス (بريطانيا) ・ 中華民国 (الصين) ・ オ ラ ラ ン ダ (الهولندية) (الهولندية)広 ま っ た。

そ の 一方 で 、 8 月 7 に 近衛 首相 は 昭和 天皇 ら 「首 会談 を に 取 運」 と の 督促 を 、 野村 宛 てلا شيء 80]. لا شيء

東 條 軍事 内閣 成立 編 集

ゾ ル ゲ 事件 編 集

ゾ ル ゲ の 逮捕 を 受 け て ド イ ツ 大使館 付 警察 武官 兼 国家 保安 本部 将 校 で، ス パ イ を 取 り 締 ま る 責任 者 の ヨ ー ゼ フ · マ イ ジ ン ガ ー は، ベ ル リ ン の 国家 保安 本部 に 対 し て 「日本 当局 に よ る ゾ ル ゲ に 対 す る 嫌疑 は، 全 く 信用す る に 値 し な い 」と 報告 し て い る [86]。 さ ら に ゾ ル 個人 的 友人 で ゾ ル ゲ に 情報لا شيء لا شيء

南方 作 戦 準備 編 集

ル ・ ノ ー ト 編 集

11 月 27 日 (ア メ リ カ 時間 11 月 26) で は に よ 作 戦 着 む で三郎 遣 米特 命 全 権 大使 、 に 通称 「ハ ル ・ ー ト」 (に は 及 日本国 協定 ノ / الخطوط العريضة للأساس المقترح للاتفاق بين الولايات المتحدة واليابان لا شيء

(مخطط الأساس المقترح)あ っ た が [95] 、 内容 と し て は 日本 側 の 望 を 無視 し で あ っ た か ら 、 日本 側 は 実 上 の 「「 」と

暗号 機 の 廃 棄 編 集

マ レ ー 方面 出 撃 編 集

英 米 開 戦 と 宣 戦 布告 遅 延 編 集

1941 年 編 集

当初 予 期 さ れ た イ ギ リ ス 航空 部隊 の 反 撃 は な く، イ ギ リ ス 海軍 艦隊 も 認 め な い 状況 を か ん が み، 小 沢 治 三郎 中将 は 予 定 通 り の 上 陸 を 決意 し، 「予 定 ど お り 甲 案 に よ り 上 陸 決 行، コ タ バ ル も 同時 上 陸」 の意 図 を 山下 奉 文 中将 に 伝 え て 同意 を 得 て 分 進 地点 に 到 着 す る と، 各 部隊 は 予 定 上 陸 地点 (コ タ バ ル 方面، シ ン ゴ ラ · パ タ ニ 方面، ナ コ ン 方面، バ ン ド ン · チ ュ ン ポ ン 方面، プ ラ チ ャ ッ プ 方面) に 向 か っ て 解列 分 進 し た [99] 7 日 夜半 、 馬来 部隊 主隊 よ び 護衛 隊 は バ ル 80 ~ 100 近 に し ス の。 日本 陸軍 の 佗 美 浩 少将 率 い る 第 18 師 団 佗 美 支隊 が 淡 路 、 綾 丸 丸 の 軽 川 内 旗艦 3午前 1 時 35 分 に タ イ 国境 に 近 い イ ギ リ ス 領 マ レ 半島 北端 の コ タ バ ル へ 上 陸 作 戦 を 開始 し た。

لا شيء作 戦 目的 を 達成 し た [104] な お 激 し い 戦 闘 の 最 に 、 ル ル に 停泊 ン の 「大 東 亜 戦 争 に お い て 最初 の ア メ リ カ 軍 の 友軍 よ る る な っ た [105]。

な お، 当時 の イ ギ リ ス 首相 の チ ャ ー チ ル は 後 に 「第二 次 世界 大 戦 中 に イ ギ リ ス が 最 も 大 き な 衝 撃 を 受 け た 敗北 だ」 と 語 っ た. ま た 議会 に 対 し て 「イ ギ リ ス 海軍 始 っ て 以来 の 悲 し む べ き 事件 がお こ っ た 」と 報告 し た [107]。 な お 、 軍 航空 隊 は 救助 作業 う イ ギ リ ス 逐 艦 を 攻 撃 救助 を し な な なلا شيء英 両 軍 の 戦 死者 に 対 し 敬意 を 表 し た [109] [110]。

لا شيءは 日本 軍 に よ る 利用 を 警戒 し た オ ラ ン ダ 軍 と オ ー ス ト ラ リ ア 軍 に 保障 占領 の 名目 で 占領 さ れ た. ポ ル ト ガ ル の ア ン ト ニ オ · サ ラ ザ ー ル 首相 は، イ ギ リ ス に 対 し 抗議 し، 12 月 19 日 に ポ ル ト ガ ル の 議会 で イ ギ リ ス へ の 糾 弾演説 を 行 っ た。

1942 年 編 集

1 月 に 日本 は، 母 国 を ド イ ツ と の 戦 い に 敗 れ 失 っ た オ ラ ン ダ の 亡命 お よ び 植 民 ​​地 政府 と も 開 戦 し، ボ ル ネ オ (現: カ リ マ ン タ ン) 島 [注 釈 11]، ジ ャ ワ 島 と ス マ ト ラ 島 [注 釈 12] な ど に お い て، 日本 1 国 で イ ギ リ ス، ア メ リ カ، オ ラ ン ダ، オ ー ス ト ラ リ ア، ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド な ど 連 合 軍 に 対 す る 戦 い で 勝利 を 収 め た. な お 1 月 30 日 に は، オ ラ ン ダ 領 東 イ ン ド · 西 テ ィ モ ー ル 沖 の 戦 闘 区域 で، カ ン タ ス 航空 の シ ョ ー ト エ ン パ イ アが 日本 海軍 機 に 撃 さ れ 、 乗客 乗員 13 が 死亡 す る が 起 る。 な お は 、 同 社

日本 海軍 は 、 2 月 に わ れ た ジ ャ ワ 沖 海 戦 で オ ン ダ メ 海軍 すマ カ ッ サ ル [117] 、 2 月 10 日 - 11 日 に バ ゼ ル マ ン に し こ 攻略لا شيء死亡 す る と い う 「フ ァ ン ・ イ ム ホ フ 号 事件」 が 発 生 し て い る。

ジ ョ ホ ー ル に 迫 っ た 日本 軍 は 同 地 を 陥 落 さ せ، イ ギ リ ス の 東南 ア ジ ア に お け る 最大 の 拠 点 シ ン ガ ポ ー ル に 迫 り، 2 月 4 日 朝 に 軍 砲兵 隊 は 射 撃 準備 を 終 え 以後 逐次 射 撃 を 開始 し، シ ン ガ ポ ー ル に 対 す る 攻 撃 は 軍 砲兵の 攻 撃 準備 射 撃 で ま っ た [121]。 8 日 に 日本 は 主力 の ホ ー ・ 渡 航 開始 [122] 11 日 朝 、 25 司令官筒 で 飛行 機 か ら 投下 さ せ た [123]. し か し イ ギ リ ス 軍 の 最後 の 軍 の 抵抗 は シ ン ガ ポ ー ル 市街 の 周 辺 で に わ か に 強化 さ れ، 日本 の 弾 薬 は 欠 乏 し た が، 15 日 午後 に ア ー サ ー · パ ー シ ヴ ァ ル 中将 は 山下 奉 文中将 に 降伏 し た [124]。

لا شيء日本 の 戦 死 1،713 名 、 戦 3،378 [126] に 上 っ た。 落後 シ ー ル 日本 は 」と 改名 し 、 基地 を 構 え 以降 終 戦 占領 占領

2 月 19 日 に は، 4 隻 の 日本 航空母艦 (赤城، 加 賀، 飛龍، 蒼龍) は オ ー ス ト ラ リ ア 北 西 の チ モ ー ル 海 の 洋 上 か ら 計 188 機 を 発 進 さ せ، オ ー ス ト ラ リ ア へ の 空襲 を 行 っ た. こ れ ら の 188 機 の日本 海軍 艦載 機 は، オ ー ス ト ラ リ ア 北部 の ポ ー ト · ダ ー ウ ィ ン に 甚 大 な 被害 を 与 え 9 隻 の 船舶 が 沈没 し た. 同 日 午後 に 54 機 の 陸上 攻 撃 機 に よ っ て 実 施 さ れ た 空襲 は، 街 と 王立 オ ー ス ト ラ リ ア 空軍 (الأعراف)の ダ ー ウ ィ ン 基地 に さ ら な る 被害 を 与 え 、 20 機 の 軍用 機 が 破 壊 さ れ た。

2 月 20 日 [127] 、 日本 軍 が イ ギ リ ス が 占領 下 て ィ ル デ た っ軍 に 対 し て 抵抗 し な か っ た [128]。 以降 、 ポ ル ト ガ ル 領 ィ ー ル も 事 実 は 日本 軍 の 統治 下 に な っ た。

そ の 結果، 5 月 30 日 か ら 6 月 4 日 に か け て، 搭載 し た 特殊 潜航 艇 が デ ィ エ ゴ ス ア レ ス 港 を 攻 撃 し، 攻 撃 に よ り イ ギ リ ス 海軍 の 戦 艦 ラ ミ リ ー ズ に 魚雷 1 本، 油槽 船 ブ リ テ ィ ッ シ ュ · ロ イ ヤ ル テ ィ (الولاء البريطاني، 6993ト ン) に 魚雷 1 本 が 命中 し 、 ブ リ テ ィ ッ シ ・ イ ヤ テ ィ は 撃 沈 さ れ [注 釈 15] [132]。

こ の 頃 イ タ リ ア 軍 の 大型 輸送 機 の 「サ ヴ ォ イ ア · マ ル ケ ッ テ ィ SM.75 GA RT」 に よ り، イ タ リ ア と 日本، も し く は 日本 の 占領 地域 と の 飛行 を 行 う こ と を 計画 し た. 6 月 29 日 に グ イ ド ー ニ ア · モ ン テ チ ェ ー リ オ か らイ タ リ ア と 離 陸 後 戦 争 状態 に あ っ た ソ ビ エ ト 連邦 を 避 け て، ド イ ツ 占領 下 の ウ ク ラ イ ナ の ザ ポ リ ー ジ ャ، ア ラ ル 海 北岸، バ イ カ ル 湖 の 縁، タ ル バ ガ タ イ 山脈 を 通過 し ゴ ビ 砂 漠 上空، モ ン ゴ ル 上空 を 経 由 し، 6 月 30日 に 日本 占領 下 の 内 モ ン ゴ ル، 包頭 に 到 着 し た. し か し そ の 際 に 燃料 不足 な ど に よ り، ソ ビ エ ト 連邦 上空 を 通過 し て し ま い 銃 撃 を 受 け て し ま う. そ の 後 東京 の 横 田 基地 へ 向 か い 7 月 3 日 か ら 7 16 日 ま で 滞 在 18 日 包頭 を し て ラ イ デ を ド テ

1943 年 編 集

لا شيء لا شيء軍، そ し て 日本 軍 の 意向 を 受 け た ビ ハ ー リ ー · ボ ー ス と の 軋 轢 が 強 ま っ て い た [135]. 前年 11 月 20 日 に モ ハ ン · シ ン は 解任 さ れ، ビ ハ ー リ ー · ボ ー ス の 体 調 も 悪 化 し た こ と で، 日本 軍は イ ン ド 国民 軍 指導 の 後 継 者 を 求 め る よ う に な っ た。

لا شيءの U ボ ー ト U180 は フ ラ ン ス 大西洋 岸 の ブ レ ス ト を 出航 し た. そ の 後 大西洋 を 南下 し، イ ギ リ ス 軍 の 海軍 基地 の あ る 南 ア フ リ カ の 喜 望 峰 を 大 き く 迂回 し، 4 月 26 日 に ア フ リ カ の マ ダ ガ ス カ ル 島 東南 沖 [136 ] で U180 と 日本 海軍 の 伊 号 第二 九 潜水 艦 が 会合 し 、 翌 4 27 に 潜水 艦 に 乗 り 込 ん だ [137]。 5 月 6 日 伊 号 第二 九 潜水 艦 マلا شيء 137]。

3 月 よ り 「ラ ジ オ · ト ウ キ ョ ウ 放送」 で، 連 合 国 軍 向 け プ ロ パ ガ ン ダ 放送 「ゼ ロ · ア ワ ー」 が 開始 さ れ た. 音 楽 と 語 り を 中心 に، ア メ リ カ 人 捕 虜 が 連 合 国 軍 兵士 に 向 け て 呼 び か け る と い う ス タ イ ル を 基本 と し たلا شيء 」の 愛称 を 付 け [138] 、 そ の 後 太平洋 前線 メ リ カ 兵士 ら と な っ た。 の 放送「 日 の ワ ー 」も 同年 12 月 よ り た

.て 真 っ 二 つ に さ れ て し ま う [141] 、 ケ ネ デ ィ は 他 と と 海 さ た [142] [143] 2 名 が 戦 死143] 、 1 週 間 後 に 救助 さ れ た [144]。

1944 年 編 集

لا شيء ، 着 地 し た 不 発 弾 を 調査 す る に あ た り، 担当 者 は 防毒 マ ス ク と 防護 服 を 着 用 し た. ま た، 少 人数 の 日本 兵 が 風 船 に 乗 っ て ア メ リ カ 本土 に 潜入 す る と い う 懸念 を 終 戦 ま で 払 拭 す る こ と は で き な か っلا شيء لا شيء

1945 年 編 集

لا شيء لا شيء لا شيء陸軍 が そ ん な こ と で は 戦 い が う ま く い く は ず が な い で は な い か 」と 東 條 を 窘 め [159]، 東 條 は 反 論 で き ず に 黙 っ て し ま っ た [156]. こ う し て 鈴木 を 後 継 首 班 に す る こ と が 決定 さ れ た[160]。

7 月 26 日 に は، イ ギ リ ス 首相، ア メ リ カ 大 統領، 中華民国 主席 の 名 に お い て، 全 13 か 条 か ら 成 る 宣言 で あ る 日本 軍 の 降伏 に 関 す る 「ポ ツ ダ ム 宣言」 が 発 表 さ れ た [166] (8 月 9 日لا شيء 、 こ れ を 拒 否 す 時 は 極 て 重大 る 結果 を る [167] 、 を 喚起 し た。 な、 中立 条約 を 結 ん で い た ソ 連 に よ る よ り 一層 の に に 、 ツ ダ ム 宣言 殺 す る 態度 に 出 た [168]。

ソ 連 の 参 戦 を 受 け て に 行 た 最高 戦 争 指導 は 「国体 の 護持「 保障 占領 」、「 発 的 な 武装 武装 」、 لا شيء . لا شيء لا شيء

ツ ダ ム 宣言 受 諾 編 集

そそ 回答 を 一部 和 訳 す る と 「降伏 の 時 よ り 、 天皇 及 び 日本国 政府 国家 統治 の 権 限 は 条 項 の 実 施 為其 の 必要 と 認 む るす る 」と い う も の で あ っ た。 外務 省 は「 تخضع لـ 」を「 制 の 下 に 置 か れ だ と 緩 め の 、 解 を たلا شيء

阿南 陸 相 は 14 日 の の 直 後 に 井 田正孝 佐 ら 陸軍 ク ー 首 者 と 、 御前 会議 の の 言葉 を 伝 え 「「 国体 国体、 ま た 元帥 会議 で も 朕 は 確証 を 有 す と 述 べ ら れ い る 」[174] 御 聖 断 は た の だ 、 こ だ 大全 陸軍 の 忠誠 に 信 を お い て お ら れ る ら に ほ な ら な い変 更 の 理由 を お う か が い し た い 」と 尋 ね る と، 阿南 陸 相 は「 陛下 は こ の 阿南 に 対 し، お 前 の 気 持 ち は よ く わ か る. 苦 し か ろ う が 我 慢 し て く れ と 涙 を 流 し て 申 さ れ た. 自 分 と し て はلا شيء

停 戦 後 編 集

上 記 の よ う な 準備 と 混乱 を 経 て، よ う や く 停 戦 か ら 2 週 間 後 の 28 日 に 連 合 国 軍 に よ る 日本 占領 部隊 の 第一 弾 と し て チ ャ ー ル ズ · テ ン チ 大佐 率 い る 45 機 の カ ー チ ス C-47 か ら な る ア メ リ カ 軍 の 先遣部隊لا شيءな ど を 収容 し て い っ た。 30 日 、 連 軍 最高 司令官 総 司令部 (GHQ / SCAP) の 総 司令官 と し て 連 合 国 の 日本 た る メ午後 に 横 浜 市内 の ホ テ ル ニ ュ ー グ ラ ン ド に 宿 を と っ た. 続 い て イ ギ リ ス 軍 や オ ー ス ト ラ リ ア 軍، ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド 軍، カ ナ ダ 軍، 中華民国 軍، フ ラ ン ス 軍، ソ 連 軍 な ど の 日本 占領 部隊 も 到 着 し た.

降伏 文書 調 印 編 集

調 印 後 編 集

な お 連 合 国 軍 は 直 ち に 日本 軍 お よ び 政府 関係 者 40 の 逮捕 を 出لا شيء لا شيء

一方 で، 敗 戦 国 へ の 戦 争 賠償 の 要求 よ り も 経 済 の 再 建 が 重視 さ れ た. 日本 で は GHQ に よ る 政治 経 済 体制 の 再 構築 が 行 わ れ، 西 ヨ ー ロ ッ パ で は マ ー シ ャ ル · プ ラ ン が 実 施 さ れ た. 戦 後، 敗 戦 国لا شيء再 軍備も 参照)。

ド イ ツ 東部 を 含 む 東 ヨ ー ロ ッ パ お よ び 外蒙古 · 朝鮮 半島 北部 な ど に は ソ 連 軍 が 進駐 し た. ソ 連 は バ ル ト 三国 を 併合 す る [189] と と も に، 東 ヨ ー ロ ッ パ で は 戦 前 の 政治 指導 者 を 粛 清 · 追 放 し، 代 わ っ てلا شيء .ヤ ル タ ​​体制も 呼 ば れ る。 そ し て そ の 後 も つ 陣 営 は 1990 年代 に 至 る ま で 冷 戦 と 呼 ば れ る 立 を を 続 け た。

イ タ リ ア 編 集

ド イ ツ 編 集

イ ツ を 除 く 欧 州 枢軸 国 編 集

日本 編 集

日本 編 集

占領 地 編 集

在 日 外国 民間 人 編 集

لا شيء

に よ る 違 い 編 集
枢軸 国人 編 集
ド イ ツ 編 集

1945 年 5 月 の ド イ の 敗 戦 後 に は 、 ド イ ツ 本国 が 連 合 占領 下 か か と で 的 に 敵国 人 扱 い な な な なلا شيء لا شيء 」の ス タ ー マ ー 宛 に 、 5 25 日 東京 大 空襲 で し し [207] 旧 ド イ 大使館 の を 外務 省 の 管理 に 移 す こ と を 通知

イ タ リ ア 編 集

な お، イ タ リ ア 王国 側 に つ い た 商務 参事 官 の ロ ー モ ロ · ア ン ジ ェ ロ ー ネ は، 抑 留 さ れ た こ と を 日本 政府 に 強硬 に 抗議 し た が، こ れ は 当然 の こ と と 跳 ね 付 け ら れ た. ア ン ジ ェ ロ ー ネ 参事 官 自身 は 熱心 なلا شيء · ヴ ェ ル デ 」は، 連 合 国 に 降伏 し た イ タ リ ア 王国 政府 の 指令 に 基 づ い て 船底 を 爆破 し 横 転 し た. こ の 時، 日本 占 領域 に あ っ た「 コ ン テ · ヴ ェ ル デ 」を 含 む 合計 17 隻 の 軍民 イ タ リ ア 艦船 が イ タ リ ア社会 共和国 に つ く こ と を 拒 否 し 自 沈 し て い る. こ の 事件 は 日本 政府 の 心 証 を 悪 化 さ せ، そ の 後 イ タ リ ア 社会 共和国 に つ く こ と を 拒 否 し た 在 日 イ タ リ ア 人 に 対 す る 冷静 な 処 遇 の 一 因 に な っ た と さ れ る[211]。 ま た 、 ミ ル コ ・ ア ル デ マ ン ニ 館長 の 下 、 九段 に 1941 年 3 月 に ー プ た ば か り の タ リ ア 文化 会館 も 閉館 儀

満 州 国 編 集
フ ラ ン ス (ヴ ィ シ ー 政 権 / イ ン ド シ ナ 植 民 地 政府) 編 集
人 お よ び 無国籍 人 編 集
敵 性 国 編 集

こ れ ら の 敵 性 国人 の 多 く は 1942 年 か ら 1943 年 に か け て ア メ リ カ と イ ギ リ ス と の 間 に 3 回 運 航 さ れ た 交換 船 で، 同 じ く イ ギ リ ス や ア メ リ カ な ど の 連 合 国 に 取 り 残 さ れ 同 じ く 軟禁، 逮捕 さ れ て い た 日本人や タ イ 人، ド イ ツ 人 の 駐 在 員 や 外交官 と 交換 さ れ る 形 で 帰 国 し た [202]. だ が، フ ォ ー ド · モ ー タ ー や ワ ー ナ ー メ デ ィ ア، パ ン ア メ リ カ ン 航空 や P & أمبو な ど の 大 企業 勤務 の 者 も، 妻 や 息 子لا شيء 、 信 者 を 残 し て 帰 国 で き な い な ど の 理由 で 日本 に 残 っ た。

食 事 は 当初، 都会 の ホ テ ル や ク ラ ブ ハ ウ ス で は 洋 食 を ベ ー ス に し た 豪 勢 な も の が 提供 さ れ る こ と も 多 く، 他 の 抑 留 先 で も 外国人 で あ る こ と を 考慮 し 肉 や パ ン، ス ー プ な ど も あ っ た 上. لا شيء同盟国 人 へ の 配 慮 も あ り 、 量 や 質 そ れ な に 配 た が 1944 年 は そ の 量 とイ タ リ ア 人 向 け 抑 留 所 を は じ め، 抑 留 者 自 ら 農 作業 を し 自 ら の 食料 を 調 達 す る こ と も 多 く な っ た. ま た 抑 留 所 外 に 住 む 妻 な ど の 家族 な ど の 差 し 入 れ に 対 す る 警察 官 に よ る 横 領 も 多 く な っ て い っ た[210]

ド イ ツ 編 集

フ ラ ン ス 編 集

イ ギ リ ス 編 集

ア メ リ カ 編 集

1941 年 12 月 に 対 日 続 い て 対 独 が 始 と 、 カ も 他 にで 行 わ れ た。 ま た 、 食料 の 需要 を 満 た す た め に 「勝利 農場 (حديقة النصر)」 と 呼 ば れ る 家庭 農 園 が 全国 で 行 わ れ た。

ま た 、 1941 年 12 月 全 土 家庭 か ル ミ の 、の 生産 制 限 [221] も 行 わ れ 、 生産 台 数 お よ び 販 売 台 数 が 激 減 し た。

し か し 戦 後 も 日 系 人 ア メ リ カ 人 に 対 す る 差別 は 続 き، 1978 年 に 日 系 ア メ リ カ 人 市民 同盟 は، 強制 収容 に 対 す る 謝罪 と 賠償 を 求 め る 運動 を 立 ち 上 げ، 1988 年 に ロ ナ ル ド · レ ー ガ ン 大 統領 は، 「市民 の 自由 法 ( لا شيء .

ポ ル ト ガ ル 編 集

既存 兵器 の 変 化 編 集

新 た な 兵器 編 集

兵站 と 機動 編 集

戦 術 編 集

・ 代用品 の 開 発 ・ 製造 編 集

大 戦 と 民衆 編 集

ギ リ ス の 終 焉 編 集

ま た 、 シ ン ガ ポ ル 陥 落 イ ギ リ 陸軍 は [227] [228] シ ン ガ ポ ル 229 [ 要 出典 ] 。

よ い 戦 争 』編 集

特 に 1970 年代 以降 の ア メ リ カ で は، 世界 に ア メ リ カ の 敗北 と 認識 さ れ، ア メ リ カ が 世界 か ら 反感 を も た れ る き っ か け と な っ た ベ ト ナ ム 戦 争 と の 対 比 で، 第二 次 世界 大 戦 を 「よ い」 戦 争 (الحرب الجيدة) とみ る 風潮 が 広 ま っ た. 「民主主義 対 フ ァ シ ズ ム」 の 勧 善 懲 悪 の 単 純 な 構 図 で ア メ リ カ が 前者 を 守 る 正義 を 行 っ た と み る. こ の 動 き を 多数 の 大衆 イ ン タ ビ ュ ー に よ り، ス タ ッ ズ · タ ー ケ ル は 「よ い 戦 争 (و حرب جيدة) [注 釈 24] 』と し て ま と め た。 こ の 本 は そ の 後 ピ ュ ー リ ッ ツ ァ ー を 受 賞 し た。


ملخصات مهمة القصف لمجموعة 392 قنبلة

يقدم هذا القسم من تاريخ 392 تفاصيل عن كل مهمة قتالية من 285 مهمة و 6 عمليات تحويل قام بها أفراد المجموعة. بدءًا من 1 يناير 1944 ، بدأ 392 في تجميع وتقديم سجلات السرب والمجموعة الشهرية وفقًا لمتطلبات USAAF. المعلومات حول الجهود التي بذلت في عام 1943 ليست كاملة مثل تلك التي ستتبعها ، ولكن ما يلي معروف:

خلال هذه المهمات الأولى ، كانت الخسائر القتالية فادحة بالفعل. خلال 21 عملية قتالية نفذت في عام 1943 ، فقدت 20 طائرة. من أصل 35 طاقمًا جويًا تم تعيينهم ، بقي 18 فقط في 31 ديسمبر ، بمعدل استنزاف يقارب الخمسين بالمائة. في 1 يوليو 1943 (أثناء التدريب على مستوى الولاية) ، تم تعيين 85 طيارًا ومساعدًا للوحدة. بعد ستة أشهر قصيرة ، بقي 35 فقط. من بين الكادر المكون من 50 طيارًا الذي خسره 392 ، تم نقل 19 إلى وحدات أخرى ، وفقد 29 في العمل (MIA) ، وقُتل 2 في حادث تحطم أثناء التدريب. بحلول 31 ديسمبر 1943 ، تم تكليف أطقم التجديد مما رفع العدد الإجمالي للأطقم إلى 66.

بحلول الوقت الذي انتهت فيه الحرب ، كان ما يقرب من 5000 رجل قد قاموا بعمليات قتالية جوية لل 392. وقد تم دعمهم من قبل ما يقرب من 4000 من الأفراد الميدانيين الذين مكنت جهودهم المتميزة - التي لم يتم الإشادة بها في بعض الأحيان ولكن تم الانتباه إليها وتقديرها دائمًا - المحررون وأطقمهم من تحقيق النتائج الجديرة بالثناء للمجموعة في الحرب العالمية الثانية. تشير التقديرات الموثوقة إلى أن ما يقرب من 21 في المائة من الطيارين القتاليين التابعين لـ 392 قد فقدوا حياتهم ، و 11 في المائة أصبحوا أسرى حرب ، و 2 في المائة تم اعتقالهم في دول محايدة.


HistoryLink.org

في 23 فبراير 1943 ، وقع قاضٍ فيدرالي على أمر إدانة 625 ميلًا مربعًا من الأرض المتاخمة لنهر كولومبيا بالقرب من ريتشلاند وهانفورد. هذا يمهد الطريق لبناء أعمال هانفورد الهندسية ، وهي جزء من مشروع مانهاتن فائق السرية. سيتم إجلاء الآلاف من السكان لإفساح المجال لتدفق هائل من العمال الجدد الذين سيعملون قريبًا على تصنيع البلوتونيوم واليورانيوم لصنع قنابل ذرية.

فاجأ السكان

صُدم سكان ريتشلاند والمناطق المحيطة بها بسبب الأمر عندما تلقوا رسائل مسجلة في 6 مارس لإبلاغهم بإدانة منازلهم ومزارعهم لأغراض عسكرية غير معلنة. وأمر معظمهم بالإخلاء في غضون 30 يومًا.

تجمع حوالي 1100 من السكان في اجتماع حاشد في ريتشلاند واعتمدوا البيان التالي ، الذي نشروه في الصحف:

"فيما يتعلق بالإخلاء المقترح لمقاطعة ريتشلاند للري ، فإن 1200 شخص أو أكثر يعيشون في هذه المنطقة يريدون أن يفهم بوضوح أنهم لا يرغبون في اتخاذ أي إجراء من شأنه أن يعرض الضرورة العسكرية للخطر بأي شكل من الأشكال. فهم يفهمون تمامًا - في الواقع ، الإصرار - على أن الضرورة العسكرية تأتي أولاً في جميع الأوقات. لكن منطقة الري ريتشلاند ، وهي مجتمع دائم قائم بذاته يضم 6000 فدان من الأراضي عالية الإنتاجية و 300 أسرة زراعية ، وهو منتج ثقيل للخضروات للتجهيز والفواكه والدواجن و منتجات الألبان ، وكلها ذات أهمية حيوية للاستهلاك العسكري والمدني لعمليات الإقراض والتأجير "(سبوكان ديلي كرونيكل، "إدانة").

بعبارة أخرى: أليسوا هم بالفعل المساهمة في الحرب؟

واستمروا في طلب "السماح لهم بإنتاج وحصاد محصول عام 1943 إذا كان ذلك ممكناً". سُمح لعدد قليل من المزارعين بفعل ذلك.

هياج عقدة الناس

قال أحد المراسلين الذين زاروا ريتشلاند بعد أسبوع أو نحو ذلك إنه كان من السهل العثور على عقدة مضطربة من الناس في الشارع الرئيسي يبدون "تأكيدات غاضبة ومتحمسة" مثل: "الحكومة تعاملنا أسوأ مما تعامل اليابانيين" و "ابني" سيعود إلى الوطن من الحرب ليجد منزله قد دمره الغزاة "(سبوكان ديلي كرونيكل، "ريتشلاند فولكس").

ومع ذلك ، قال المراسل إن هذا لم يكن رأي الأغلبية. استسلم معظم السكان للإخلاء. وحاولت الحكومة تخفيف الضائقة عن طريق تمديد الموعد النهائي للإخلاء وأمرت المثمنين العقاريين بـ "استخدام مزيد من اللباقة والحكم" في تحديد أسعار الاستحواذ.

في النهاية ، بقي حوالي 10 بالمائة فقط من سكان ريتشلاند للعمل في المشروع. أخذ معظمهم أموالهم من شراء ممتلكاتهم وانتقلوا إلى كينويك أو باسكو أو غادروا المنطقة بالكامل. في غضون ذلك ، تدفق العمال الجدد. انخفض عدد سكان ريتشلاند من 247 قبل أمر الإدانة إلى أكثر من 11000 في غضون عام.


تحسينات وإصلاحات في التحديث

تحديثات يونيو 2021

إصدار 14 يونيو

التحديثات التالية متوفرة لجهاز Surface Laptop 3 مع أجهزة Intel Processor التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

Intel (R) WiFi 6 AX201160 ميجا هرتز

يحسن موثوقية اتصال WiFi.

شركة إنتل - بلوتوث - 22.40.0.2

Intel (R) Wireless Bluetooth®

يحسن موثوقية اتصال BT.

إنتل - مكون البرمجيات - 1.62.321.1

يعالج الثغرات الأمنية الخطيرة ويحسن استقرار النظام.

إنتل - نظام - 2102.100.0.1044

واجهة محرك إدارة Intel (R)

يعالج ثغرات أمنية خطيرة ويحسن استقرار النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 13.0.1763.5

يعالج ثغرات أمنية خطيرة ويحسن استقرار النظام.

يعالج الثغرات الأمنية الخطيرة ويحسن استقرار النظام.

السطح - الامتداد - 3.208.137.0

معالج Surface Touch Pen

يحل فحص الأخطاء عند استخدام OneNote داخل تطبيق Teams.

السطح - البرامج الثابتة - 9.106.140.0

يعالج ثغرات أمنية خطيرة ويحسن استقرار النظام.

التحديثات التالية متوفرة لجهاز Surface Laptop 3 مع أجهزة Intel Processor التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

السطح - النظام - 14.411.139.0

مجمع نظام السطح - البرامج الثابتة

يحسن تقارير البطارية.

السطح - البرامج الثابتة - 14.204.139.0

لوحة مفاتيح Surface - البرامج الثابتة

يحسن التقارير الصحية للوحة المفاتيح.

السطح - البرامج الثابتة - 9.104.140.0

يحل مشكلات الاستقرار ويحسن موثوقية الجهاز.

تكامل السطح - أجهزة النظام

يعالج تأخير شاشة اللمس عند استخدام تطبيق OneNote.

Intel (R) WiFi 6 AX201 160MHz - محول الشبكة

يعالج الثغرات الأمنية الهامة ويحسن استقرار الاتصال.

شركة إنتل - بلوتوث - 22.30.0.4

إنتل (R) بلوتوث لاسلكي - بلوتوث

يعالج الثغرات الأمنية الهامة ويحسن استقرار الاتصال.

السطح - البرامج الثابتة - 6.1.137.0

تحديث البرنامج الثابت لـ Surface Dock

يعمل على تحسين الاستقرار عند الاتصال بشاشة خارجية عبر Surface Dock 2.

برنامج تشغيل Surface Serial Hub - النظام

يحسن استقرار الجهاز من خلال معالجة فحص الأخطاء الحرجة.

وحدة Surface Trusted Platform Module 2.0 - أجهزة الأمان

يعالج الثغرات الأمنية الخطيرة.

تتوفر التحديثات التالية لجهاز Surface Laptop 3 المزود بأجهزة معالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

شركة Intel - النظام - 10.24.0.4813

وحدة تحكم الصوت Intel (R) Smart Sound Technology (Intel (R) SST) - أجهزة النظام

يحسن أداء الصوت وعمر البطارية.

شركة Intel - النظام - 10.24.4813.245

Intel (R) Smart Sound Technology (Intel (R) SST) OED - أجهزة النظام

يحسن أداء الصوت وعمر البطارية.

Intel (R) WiFi 6 AX201 160MHz - محولات الشبكة

يحسن موثوقية Wi-Fi واستقراره.

إنتل (R) بلوتوث لاسلكي - بلوتوث

يحسن موثوقية واستقرار البلوتوث.

Realtek Semiconductor Corp. - مكون البرمجيات - 11.0.6000.92

تطبيق دعم أجهزة Realtek - مكونات البرنامج

يحسن أداء الصوت واستقرار الجهاز.

Realtek Semiconductor Corp. - ملحق - 6.1.0.9

تمديد جهاز Realtek - تحويلة

يحسن التكامل بين خدمات النظام.

شركة Realtek Semiconductor Corp. - وسائل الإعلام - 6.0.9083.3

Realtek High Definition Audio (SST) - أجهزة التحكم بالصوت والفيديو والألعاب

يحسن أداء الصوت واستقرار الجهاز.

شركة Intel - نظام - 1.0.1709.0

التحقق من الكشف - أجهزة النظام

يحسن سيناريوهات تنشيط صوت Cortana.

وحدة Surface Trusted Platform Module 2.0 - أجهزة الأمان

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

تتوفر التحديثات التالية لجهاز Surface Laptop 3 المزود بأجهزة معالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

شركة إنتل - العرض - 27.20.100.8681

Intel (R) Iris (R) Plus Graphics - محولات العرض

يعمل على تحسين أداء رسومات النظام والاستقرار والأمان.

شركة إنتل - ملحق - 27.20.100.8681

ملحق رسومات Intel (R) Iris (R) Plus

يحسن التكامل بين خدمات النظام والاستقرار.

السطح - البرامج الثابتة - 9.102.140.0

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بأجهزة معالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

إنتل - SoftwareComponent - 1.61.251.0

عميل Intel® iCLS - مكونات البرنامج

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

إنتل - نظام - 2031.15.0.1743

واجهة محرك إدارة Intel® - أجهزة النظام

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

Intel® - ملحق - 1952.14.0.1470

(ملحق Intel® Management Engine) - لا توجد ملاحظات على إدارة الأجهزة

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

السطح - HIDClass - 3.31.139.0

برنامج تشغيل Surface Hid Mini - أجهزة واجهة بشرية

يحسن استقرار النظام ويعالج فحص أخطاء النظام.

السطح - النظام - 6.105.139.0

جهاز خدمة تكامل السطح - أجهزة النظام

يحسن التكامل بين خدمات النظام وعناوين فحص أخطاء النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 13.0.1594.2

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 9.101.140.0

يعالج تحديثات الأمان ويحسن استقرار النظام.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

Intel (R) WiFi 6 AX201 160MHz - محولات الشبكة

شركة إنتل - بلوتوث - 21.110.0.3

إنتل (R) بلوتوث لاسلكي - بلوتوث

يحسن استقرار البلوتوث.

السطح - الشاشة - 4.28.139.0

يحل مشاكل السطوع المنخفض ويحسن أداء ملف تعريف ألوان الجهاز.

Realtek Semiconductor Corp. - مكون البرمجيات - 11.0.6000.92

تطبيق دعم أجهزة Realtek - مكونات البرنامج

يعمل على حل تعطل التطبيق أثناء سيناريو الصوت.

شركة Realtek Semiconductor Corp. - وسائل الإعلام - 6.0.8936.1

Realtek High Definition Audio (SST) - أجهزة التحكم بالصوت والفيديو والألعاب

يحسن أداء الصوت وعمر البطارية.

Realtek Semiconductor Corp. - ملحق - 6.1.0.6

ملحق Realtek High Definition Audio (SST) - لا توجد ملاحظات على إدارة الأجهزة

يحسن التكامل بين خدمات النظام.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

السطح - البرامج الثابتة - 7.124.140.0

يعالج المشكلات المتعلقة بضبط السطوع التلقائي عند السطوع المنخفض.

سطح - البرامج الثابتة - 14.310.139.0

مجمع نظام السطح - البرامج الثابتة

يحسن استقرار الجهاز وموثوقية البطارية.

Surface - أجهزة النظام - 6.94.139.0

جهاز خدمة تكامل السطح - أجهزة النظام

يحسن الموثوقية المتعلقة بتجربة تطبيق Surface.

السطح - البرامج الثابتة - 14.102.139.0

لوحة مفاتيح Surface - البرامج الثابتة

يحل مشاكل تكرار ضغطات المفاتيح.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 ، الإصدار 1903.

اسم محفوظات تحديث Windows

شركة Intel (R) - النظام - 10.24.0.3694

Intel Smart Sound Technology (Intel SST) OED - أجهزة النظام

يحسن موثوقية الصوت مع تطبيقات Netflix و Cortana.

شركة Intel (R) - النظام - 10.24.0.3694

وحدة تحكم الصوت Intel Smart Sound Technology (Intel SST) - أجهزة النظام

يحسن موثوقية الصوت مع تطبيقات Netflix و Cortana.

Intel (R) WiFi 6 AX201 160MHz - محولات الشبكة

يحل مشكلة سرعة نقل اتصال WiFi ويحسن الاستقرار.

شركة إنتل - بلوتوث - 21.80.0.3

إنتل (R) بلوتوث لاسلكي - بلوتوث

يحسن موثوقية اتصال BT عندما يستأنف الجهاز من وضع السكون.

يعمل على تحسين موثوقية Surface Dock 2 أثناء سيناريوهات Wake On LAN وتحسين الاستقرار العام.

جهاز خدمة تكامل السطح - النظام

يحسن موثوقية Surface Dock 2 أثناء سيناريوهات المصادقة.

السطح - الشاشة - 3.92.139.0

عرض السطح - الشاشات

يحسن أداء ملف تعريف لون الجهاز.

السطح - البرامج الثابتة - 14.109.139.0

مجمع نظام السطح - البرامج الثابتة

* يحسن موثوقية توفير عمر البطارية.

ملحوظة: لمعرفة المزيد حول Battery Lifespan Saver ، راجع العناية ببطارية Surface.

Surface Laptop 3 بمعالج Intel

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 ، الإصدار 1903.

اسم محفوظات تحديث Windows

السطح - البرامج الثابتة - 13.0.1319.2

يعالج فشل إيقاف التشغيل غير المتوقع ، ويحسن استقرار النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 7.123.140.0

يعالج فشل إيقاف التشغيل غير المتوقع ، ويحسن استقرار النظام.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 October 2018 ، الإصدار 1809 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

السطح - النظام - 19.62.139.0

تكامل السطح - أجهزة النظام

يحسن سيناريوهات سطوع العرض ويحسن التكامل بين خدمات النظام.

إنتل - SoftwareComponent - 1.58.48.0

عميل Intel (R) ICLS - أجهزة برمجية

يحسن التكامل بين خدمات النظام.

شركة إنتل - ملحق - 26.20.100.7641

ملحق رسومات Intel (R) Iris (R) Plus

يحسن استقرار الرسومات وأدائها ويحسن التكامل بين خدمات النظام.

شركة إنتل - العرض - 26.20.100.7641

Intel (R) Iris (R) Plus Graphics - محولات العرض

يحسن استقرار الرسومات والأداء.

شركة Intel (R) - النظام - 10.24.0.3316

وحدة تحكم الصوت Intel (R) Smart Sound Technology (intel (R) SST) - أجهزة النظام

يحسن أداء الصوت.

شركة Intel (R) - النظام - 10.24.0.3316

Intel (R) Smart Sound Technology (Intel (R) SST) OED - أجهزة النظام

يحسن أداء الصوت.

Realtek Semiconductor Corp. - مكون البرمجيات - 11.0.6000.92

تطبيق دعم أجهزة Realtek - مكونات البرنامج

يحسن أداء الصوت.

Realtek Semiconductor Corp. - ملحق - 6.1.0.2

يحسن التكامل بين خدمات النظام.

شركة Realtek Semiconductor Corp. - وسائل الإعلام - 6.0.8846.1

Realtek High Definition Audio (SST) - أجهزة التحكم بالصوت والفيديو والألعاب

يحسن أداء الصوت.

جهاز خدمة تكامل السطح - أجهزة النظام

يحسن التكامل بين خدمات النظام.

مستشعر ضوء السطح - أجهزة النظام

يحسن توازن ضوء النظام والتباين.

واجهة محرك إدارة Intel (R) - أجهزة النظام

يحسن استقرار النظام.

Surface RETIMER - البرامج الثابتة

يحسن استقرار النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 7.100.140.0

يحسن استقرار النظام.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 May 2019 أو الإصدار 1903 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

إنتل - مكون البرنامج - 1.57.263.0

عميل Intel (R) iCLS - مكونات البرنامج

1.57.263.0 يحسن التكامل بين خدمات النظام.

شركة Realtek Semiconductor Corp. - الوسائط - 6.0.8812.1

Realtek High Definition Audio - جهاز التحكم بالصوت والفيديو والألعاب

6.0.8812.1 يعمل على تحسين تجربة الكلام في Cortana.

Realtek Semiconductor Corp. - ملحق - 6.1.0.1

6.1.0.1 يحسن التكامل بين خدمات النظام.

Realtek Semiconductor Corp. - مكون البرنامج - 11.0.6000.92

تطبيق دعم أجهزة Realtek - مكونات البرنامج

11.0.6000.92 يحسن أداء الصوت.

تكامل السطح - أجهزة النظام

19.60.139.0 يحسن التكامل بين خدمات النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 14.17.139.0

لوحة مفاتيح Surface - البرامج الثابتة

14.17.139.0 يحسن استقرار النظام.

السطح - البرامج الثابتة - 13.0.1312.4

يعمل الإصدار 13.0.1312.4 على تحسين الاستقرار باستخدام سيناريوهات USB-C.

السطح - البرامج الثابتة - 14.42.139.0

مجمع نظام السطح - البرامج الثابتة

يعمل الإصدار 14.42.139.0 على تحسين خدمة تثبيت برنامج التشغيل.

السطح - البرامج الثابتة - 6.22.140.0

6.22.140.0 يحسن استقرار النظام.

تتوفر التحديثات التالية لأجهزة Surface Laptop 3 المزودة بمعالجات Intel التي تعمل بتحديث Windows 10 October 2018 ، الإصدار 1809 أو أحدث.

اسم محفوظات تحديث Windows

السطح - النظام - 19.53.139.0

مجمع نظام السطح - البرامج الثابتة

19.53.139.0 يساعد على تحسين عمر البطارية.

جهاز خدمة تكامل السطح - أجهزة النظام

5.80.139.0 يحسن التكامل بين الخدمات.

السطح - البرامج الثابتة - 14.39.139.0

تكامل السطح - أجهزة النظام

14.39.139.0 يحسن التكامل بين خدمات النظام.

شركة إنتل - ملحق - 25.20.100.7101

Intel (R) Iris (R) Plus Graphics - محولات العرض

25.20.100.7101 يساعد على تحسين عمر البطارية.


المد النازي يتوقف

كانت معركة ستالينجراد (أغسطس 1942 & # 8211 فبراير 1943) المواجهة العسكرية الحاسمة في الحرب العالمية الثانية التي أوقفت تقدم الجنوب الألماني وقلبت مجرى الحرب. منذ انتصاره في ستالينجراد ، بدأ الجيش الأحمر سلسلة من الهجمات التي استمرت بلا هوادة في الوصول إلى برلين بحلول أبريل 1945.

كان الهدف الرئيسي للهجوم النازي في صيف عام 1942 هو حقول النفط في باكو ، والتي كان الاستيلاء عليها سيحرم الجيش الأحمر & # 8212 وبقية الاتحاد السوفيتي & # 8212 من إمدادات الوقود الرئيسية. كجزء من هذا الهجوم ، كان من المفترض أن يأخذ الجيش السادس الألماني بقيادة الجنرال فريدريش فون باولوس ستالينجراد ، الممتدة على طول الضفة الغربية لنهر الفولغا. بصرف النظر عن الأهمية الاستراتيجية لاحتلال الأراضي المتاخمة من نهر الدون إلى نهر الفولغا ، من الواضح أن رمزية الاستيلاء على المدينة التي حملت اسم الزعيم السوفيتي & # 8217s أثرت في قرار هتلر بتحويل القوات في طريقها إلى باكو إلى حصار ستالينجراد. بدأ الجيش السادس الألماني تقدمه في 21 أغسطس ، وبعد أكثر من شهرين من القصف المهول ، سيطر على تسعة أعشار المدينة المدمرة بالكامل تقريبًا. ولكن مع ظهورهم إلى نهر الفولغا وإدراكهم لأمر ستالين رقم 227 (& # 8220 ليس خطوة واحدة إلى الوراء! & # 8221) ، صمد المدافعون السوفييت ، وأشركوا المحاصرين في منزل تلو الآخر.

في 19 نوفمبر ، هاجمت القوات السوفيتية بقيادة الجنرال جورجي جوكوف والتي يبلغ عددها ما يقرب من مليون جندي كلا الجانبين الألماني في حركة كماشة ضخمة. بعد خمسة أيام ، حاصر الجيش الأحمر ما يقرب من 250.000 من الأعداء. تم إحباط محاولات Luftwaffe & # 8217s لتوفير إمدادات الغذاء والوقود عن طريق المدفعية السوفيتية. تضاءلت حصص الإعاشة ، وتجمد الجنود حتى الموت ، ونفدت الذخيرة. بالمقارنة مع الوحدة الأصلية المكونة من 400000 جندي ، احتوى الجيش السادس على 110.000 فقط بما في ذلك ألفي ضابط بحلول الوقت الذي استسلم فيه بولس في 2 فبراير 1943. وقدرت الخسائر السوفيتية بنحو 750.000 قتيل أو جريح أو مفقود أثناء القتال. على الرغم من أن الحرب ستستمر لمدة عامين آخرين ، إلا أن نتيجتها بعد معركة ستالينجراد لم تعد موضع شك.


Pawlograd فبراير 1943

نشر بواسطة رودي & raquo 10 أيار 2005، 17:27

كانت بلدة Pawlograd ، في Dniepr-Brückenkopf ، تحت سيطرة Kampfgruppe الإيطالية بدعم من 4 Panzers الألمان و 4 German Sturmgeschütze ، من 16 حتى 18 فبراير 1943. أنا أبحث عن بعض المعلومات المتعلقة بما يلي:
1. إلى أي الوحدات الألمانية تنتمي الدبابات والبنادق الهجومية الألمانية التي شاركت في المعارك في Pawlograd من 16 إلى 18 فبراير 1943؟
2. إن Generalleutn. تولى شتاينباور في 14 فبراير قيادة دنيبر بروكنكوف بصفته قائدًا قويًا: من يستطيع أن يخبرني المزيد عنه؟
3. ما هي الوحدات الألمانية (Korps و Divisionen) التي شاركت في الدفاع عن Brückenkopf وخاصة من قبل Pawlograd؟

شكرا جزيلا مقدما للمساعدة!

الجنرال اللفتنانت شتاينباور ، غيرهارد

نشر بواسطة JPK & raquo 10 أيار 2005، 20:52

بونسوار ،
شتاينباور ، غيرهارد
Geb.08.06.1889 +1946 ميونخ

مادة كرد 106: 30.9.39-
هوه الفن. 311: 1.1.42-1.9.43
DKiG: 1.10.43

مصادر
Keilig ، (للسيرة الذاتية)
فرقة Tessin 9 / صفحة 113 (Arko 106 & amp Harko 311)

ومن تيسين band17 / page243

Steinbauer ، gruppe
1943 unterstellungen bei Heeresgruppe Süd
18.2.43 Brückenkopf Dnjepropetrowsk
24.2.43 SS-Pz.Korps / جيش 4 Pz
28.2.43-5.3.43 4 Pz.Armee

نشر بواسطة رودي & raquo 11 مايو 2005، 17:41

Merci beaucoup JPK لمنشورك ،

أليس لديك أي فكرة عن وحدات الدبابات الألمانية المشاركة في المعركة؟

نشر بواسطة لوبو سوليتاريو & raquo 11 مايو 2005، 17:45

نشر بواسطة هابيل رافاش & raquo 11 أيار 2005، 20:36

أسئلة مثيرة جدا للاهتمام. منذ بضعة أيام ، قمت بنشر نفس السؤال تقريبًا كما فعلت الآن.

خلال أوائل فبراير 1943 ، كان HGr Süd يتراجع باستمرار نحو نهر Dnepr. LVII. تم تعيين PzK (Kirchner) مع تنظيم الدفاع عن خط دنيبر بالقرب من Zaporozhje - Dnepropetrovsk. لم يصل خط المواجهة في النهاية إلى خط النهر بسبب هجوم فون مانشتاين المضاد.

تمكن كيرشنر من تنظيم خط دفاع من المنطقة الخلفية ، وفتوافا ، ووحدات الاحتياط والإصلاح. تم تنظيمهم في أربع مجموعات:

Gruppe Stahel
جروب شتاينباور
Gruppe 46. قسم Infanterie
257 مسعود عبدالمجيد

كان Stahel و Steinbauer منشئين "محترفين" للوحدات المخصصة (كان هناك العديد من KG Stahels و KG Steinbauers على مدار سنوات الحرب) ، بينما كانت أجزاء من 46. Inf Div منعشة في غرب زابوروجي.

سأحتاج إلى معلومات عن هذا الفيلق وأية أحداث شارك فيها ، ومكوناته الفرعية ، والقادة ، وما إلى ذلك. وأي معلومات من شأنها أن تساعد كثيرًا.

يحتوي هذا على جميع البيانات وكل الشكوك التي لدي حول هذا الحدث. آسف ، هذا أفضل ما يمكنني تقديمه.
هل لديك أي معلومات أخرى حول هذا الموضوع غير تلك التي نشرتها أعلاه؟

نشر بواسطة رودي & raquo 13 أيار 2005، 00:21

لدي بعض الوثائق التي تم العثور عليها في فرايبورغ حيث كُتب أن كامبفجروب إيطالي "كارلوني" وُضع تحت قيادة الجنرال شتاينباور في 14 فبراير / شباط Kpf.Gr. كان تحت قيادة Oberstltn. وكان كارلوني في ذلك اليوم حوالي 2300 من المشاة ، من بينهم حوالي 1000 بيرساجليري والباقي الألماني فيرسبرنجتي وبعض المئات من أفراد القوات الجوية في مطار (تحت قيادة Oberstlt. Weckerle) ، بالإضافة إلى 1 بطارية مدفعية إيطالية ، 4 ستوج الألمانية. و 4 بانزر الماني. في الليل بين 16. و 17.2. غادر حوالي 500 مشاة ألماني دون إذن ، وعاد أفراد Luftwaffe أيضًا في 16.2. (هذه المرة بإذن من Carloni!) ، لذلك تم الدفاع عن Pawlograd من قبل حوالي 1000 bersaglieri و 100 ألماني Versprengte ، بدعم من 2 Stug و 3 Panzer (2 Stug و 1 Panzer تضررت في 16.2.). سيطر الإيطاليون على البلدة حتى صباح يوم 17.2. ، ثم غادروا المدينة بجانب جسر Ssinelnikowo وكسروا الحصار الروسي في اتجاهات مختلفة. في 19.2.43 ، وصل Carloni بواسطة Steinbauer ، Kpf.Gr. في ذلك الوقت غادر 880 جنديًا. في 21 فبراير ، تم أخذ Pawlograd مرة أخرى من قبل bataillon من SS مع 10 Panzer.

كما يكتب هابيل ، كان شتاينباور يعتمد على LVII. PzK: في 22.12.42 كان يحتوي على 6. Pz.Div. و 17. Pz.Div. و 23. Pz.Div. 15.Lw.F.Div: هل كانت هي نفسها في فبراير 1943؟

إلى أي قسم ينتمي إلى وحدات SS التي استولت على Pawlograd في 21.2.؟

شكرا مقدما لمزيد من المعلومات الخاصة بك حول هذا الموضوع

نشر بواسطة هابيل رافاش & raquo 13 أيار 2005، 00:37

إلى SS-Panzerkorps ، وكانت كتيبة من فرقة SS Das Reich.

رودي ، هل لديك أي فكرة عن تركيبة KG Steinbauer؟ هل توجد بيانات عن نوع الدرع الذي تستخدمه الوحدة الألمانية في بافلوجراد؟

نشر بواسطة رودي & raquo 13 مايو 2005، 09:53

الوثائق الألمانية تقول فقط أنه في Pawlograd كان هناك 4 Stug. وأخبرني 4 Panzers ، وهو صديق إيطالي لي ، أنه في مصدر إيطالي آخر مكتوب هناك Stug مع 8.8 بندقية ونمور. حسنًا ، أعتقد أنه من المستحيل تمامًا أن تكون النمور هناك ، على الأرجح أنها كانت طويلة الماسورة Pz. الرابع Ausf. G: ماذا عن Stug. مع 8،8؟ هل تعرف ما إذا كان بعض ناشورن موجودًا في الجوار؟

على أي حال ، لا أعتقد أنهم ينتمون إلى WSS ، لذلك أود تقييد احتمال أن تنتمي الدبابات إلى 17. Pz. شعبة ، 23. شعبة. و 203 و 243. ستوغ. أبت: إنها بالفعل خطوة كبيرة إلى الأمام! للأسف ليس لدي كتاب Hinze عن 23. Pz.Div: هل لديكم المزيد من التفاصيل حول تصرفات هذا القسم و 17. PzDiv في تلك المنطقة في تلك الفترة؟

آسف ولكن ليس لدي أي فكرة عن تكوين Kpf.Gr. شتاينباور. أي معلومات عن المطار من قبل Pawlograd؟ أين كانت بالضبط وأي وحدة تم نشرها هناك في فبراير 1943؟

شكرا جزيلا على أي حال للمعلومات الجيدة.

نشر بواسطة مارك ف. & raquo 13 أيار 2005، 12:48

يبدو من غير المرجح أن تكون عناصر من أي من الوحدات المذكورة أعلاه قد شاركت في معارك أوائل فبراير في Pawlograd. إليكم السبب: الجنرال كدو. LVII.Pz.Korps (المقر فقط!) لم يصل إلى مكان الحادث قبل العشرين ولم يجلب معه أيًا من الوحدات التابعة سابقًا. 23.Pz.Div. كان في طريقه إلى التراجع إلى خط ميوس الجديد وبقي هناك حتى أواخر الربيع ، 17. كان هجومًا مضادًا لفيلق الفرسان الروسي في Dabalzewo وكان لاحقًا في فبراير (حوالي 20) تحرك عبر Krasnoarmeijskoje (في 22 فبراير كان لا يزال جنوب نهر Samara) ، Stug.Abt 210 و 203 كانا مع 16. .) و 23. ومثلما كتبت ، لا توجد فرصة لأن تنتمي هذه الدبابات إلى 2.SS-Pz.Gren.Div.Das Reich أو أي قسم W-SS آخر في المنطقة.

كان من الممكن أن تكون البانزر عبارة عن لوحات بديلة لأي من أقسام HG Süd panzer أو أنها نشأت من ورشة عمل بانزر في المنطقة. حقا من الصعب معرفة ذلك. من ناحية أخرى ، كان من الممكن أن يجتمعوا مع Versprengte الألمانية ، ربما 19.Pz.Div.

تم استخدام Nashorns لأول مرة في القتال في صيف عام 1943.

إليكم أيضًا مقتطف مثير للاهتمام من Paul Carell: Verbrannte Erde ، ص 165:

"Als hätte Busse nur auf diesen Einwand gewartet، blätterte er Hitler die Tatsachen hin." Die 267. sowjetische Schützendivision steht hier، südlich Krasnodar «، إحالة إلى كارتيه» Dann tippzerab: Schützendivision hat Pawlograd genommen. Die italiensiche Division، die Pawlograd verteidigen sollte، hat sich davon gemacht. «"

ليس مفيدًا كثيرًا ولكن ما زلت آمل أن تساعد بعض هذه المعلومات
ماركو

نشر بواسطة رودي & raquo 13 أيار 2005، 17:29

شكرا لمشاركتك. ربما كنت على حق في قصد أن الدبابات جاءت من بعض الوحدات البديلة ، حتى لو كانت 4 Stug. و 4 Panzers تركوا لي الانطباع بأنهم يمكن أن يكونوا فصيلتين كاملتين من بعض الوحدات العادية.


شاهد الفيديو: Sien - 14 Februarie 2021 preek